logo

アップル、「iWatch」と「iOS 8」に健康管理機能を搭載か

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年02月03日 10時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleがモバイル健康医療の分野に旋風を巻き起こそうとしていることをあらゆる兆候が示している。

 Appleのいわゆる「iWatch」は、開発が相当進んでおり、モバイル機器による健康状態およびフィットネスの追跡機能に大きな焦点が当てられている、と言われている。さらに、ずっと前からうわさになっていた同製品は、2014年中に発表される可能性があるとも言われている。

 うわさが過熱している要因はほかにもある。米食品医薬品局(FDA)の公開カレンダーによると、オペレーション担当シニアバイスプレジデントのJeff Williams氏やソフトウェアテクノロジ担当バイスプレジデントのBudd Tribble氏を含むAppleの著名な幹部陣が2013年12月、FDAと会談したという。このニュースは、The New York Times(NYT)によって米国時間2014年1月31日に初めて報じられた。会談の話題は「モバイル医療アプリケーション」だった、と公開カレンダーには書かれている。

 さらに、Appleのテクノロジ担当バイスプレジデントのKevin Lynch氏はiWatch向けソフトウェアの開発に関与しており、テクノロジ担当シニアバイスプレジデントのBob Mansfield氏も「iPhone」に接続する健康関連技術に注目している、とNYTは匿名情報筋を引用して報じた。

 これとは別に、「iOS 8」には「Healthbook」という開発コード名のアプリを含む強力な健康関連コンポーネントが搭載される、と9to5Macは報じている。9to5Macの報道によると、このアプリは、ユーザーが歩いた歩数や燃焼したカロリー、体重の増減などを追跡し、血圧や水分補給、グルコースの数値を記録する機能を備えるという。これらの新機能が、iOSで既に高い人気を得ているNikeやFitbitの製品の機能と重複していることは注目に値する。

 さらに、Appleがこの分野で重要な人材を何人か雇ったとの報道もある。MacRumorsによると、Appleは、カリフォルニア州アーバインに拠点を置く医療技術企業Masimo Corporationで最高医療責任者(CMO)を務めていたMichael O'Reilly氏を引き抜いたという。

 米CNETは既にAppleにコメントを要請しているが、まだ回答を得られていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集