logo

自動照準システム搭載スマートライフル--写真で見る細部や精度 - 8/13

Dara Kerr (Special to CNET News) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子2013年12月25日 07時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 TrackingPointのライフルはタグ&ロックテクノロジを採用している。銃を撃つ際には、照準器内にデジタルの白い点が表示されるようになっている。この点がタグと呼ばれるものだ。射撃手はこのタグを標的と重ね合わせ、トリガーの横にある赤いボタン(写真参照)を押すことになる。いったんボタンを押すと、タグは標的上にとどまり続ける。次に、十字線が照準器内に現れるため、射撃手はトリガーを引いた状態で十字線の中心と該当タグを重ね合わせることになる。タグが十字線の中心に来た際にトリガーは解放され、銃から弾丸が発射されるというわけだ。
Scroll Right Scroll Left

 TrackingPointのライフルはタグ&ロックテクノロジを採用している。銃を撃つ際には、照準器内にデジタルの白い点が表示されるようになっている。この点がタグと呼ばれるものだ。射撃手はこのタグを標的と重ね合わせ、トリガーの横にある赤いボタン(写真参照)を押すことになる。いったんボタンを押すと、タグは標的上にとどまり続ける。次に、十字線が照準器内に現れるため、射撃手はトリガーを引いた状態で十字線の中心と該当タグを重ね合わせることになる。タグが十字線の中心に来た際にトリガーは解放され、銃から弾丸が発射されるというわけだ。

提供: Tracking Point

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]