logo

自動照準システム搭載スマートライフル--写真で見る細部や精度 - 7/13

Dara Kerr (Special to CNET News) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子2013年12月25日 07時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 TrackingPointのライフルと従来のライフルの大きな違いの1つに光学照準器がある。大半の長射程照準器は双眼鏡のように手で操作するようになっている。しかしTrackingPointが作り上げたのは、35倍の望遠レンズを搭載したデジタル照準器である。これは手ぶれや熱による屈折を最小化するとともに、焦点ぼけを起こすことなく遠距離目標へのズームインが可能となっている。こういった光学系により、射撃手は裸眼ではほとんど見えない目標でも弾を命中させられる。
Scroll Right Scroll Left

 TrackingPointのライフルと従来のライフルの大きな違いの1つに光学照準器がある。大半の長射程照準器は双眼鏡のように手で操作するようになっている。しかしTrackingPointが作り上げたのは、35倍の望遠レンズを搭載したデジタル照準器である。これは手ぶれや熱による屈折を最小化するとともに、焦点ぼけを起こすことなく遠距離目標へのズームインが可能となっている。こういった光学系により、射撃手は裸眼ではほとんど見えない目標でも弾を命中させられる。

提供: Tracking Point

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]