logo

3D印刷によるライフル「Grizzly」、初の発射動画が公開

Dara Kerr (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年08月01日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 3D印刷による拳銃「Liberator」は広く知られているが、これに続くものが既に作られ始めているようだ。

 新たなYouTube動画で、ThreeD Ukuleleというユーザーが、22口径のシングルショットライフルを設計し、3D印刷したと主張している。

 ThreeD Ukuleleは、「The Grizzly」(グリズリー)と名付けたこのライフルについて、コイル状のメインスプリングを組み込み、屋根くぎを除きすべてプラスチック製にしたことにより、Liberatorの設計を踏襲していると述べている。印刷に使ったのはStratasys製3Dプリンタ「Dimension 1200es」だという。

 動画では、白いプラスチックのライフルが屋外のテーブルに設置されている。ライフルを操作している人物は、トリガーに付けられたひもを手にしており、後ろに下がってひもを引き、ライフルを発射する。

 動画では、「銃身の両端が割れ、レシーバも先端から割れてしまった。しかし、確かに弾丸を発射した」と述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集