logo

自動照準システム搭載スマートライフル--写真で見る細部や精度 - 2/13

Dara Kerr (Special to CNET News) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子2013年12月25日 07時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 TrackingPointのライフル「XactSystem」シリーズには「XS1」と「XS2」「XS3」という3つのモデルが用意されている。XS1は1200ヤード(約1.1km)先の標的を撃ち抜ける2万7500ドルの最上位モデルだ。XS2は射程距離が1000ヤード(約0.91km)、価格が2万5000ドルとなっており、XS3は射程距離が750ヤード(約0.69km)、価格が2万2500ドルとなっている。なお、通常のライフルでも高性能なものはだいたい1万ドルから1万5000ドルする。

 TrackingPointのライフルにはすべて、精密射撃用の弾丸が1ケースとAppleの「iPad mini」が付属している。写真はXS2である。
Scroll Right Scroll Left

 TrackingPointのライフル「XactSystem」シリーズには「XS1」と「XS2」「XS3」という3つのモデルが用意されている。XS1は1200ヤード(約1.1km)先の標的を撃ち抜ける2万7500ドルの最上位モデルだ。XS2は射程距離が1000ヤード(約0.91km)、価格が2万5000ドルとなっており、XS3は射程距離が750ヤード(約0.69km)、価格が2万2500ドルとなっている。なお、通常のライフルでも高性能なものはだいたい1万ドルから1万5000ドルする。

 TrackingPointのライフルにはすべて、精密射撃用の弾丸が1ケースとAppleの「iPad mini」が付属している。写真はXS2である。

提供: TrackingPoint

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]