logo

「Xbox」ファミリの系譜--写真で振り返るMS製ゲームコンソール - 3/8

James Martin (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年11月27日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Microsoftはそれからちょうど4年後の2005年11月22日、第2世代のXboxを発表した。「Xbox 2」の名称は実際には「Xbox 360」で、同コンソールは、取り外し可能なフェイスプレートや20Gバイトのハードドライブを採用する一方で、Wi-Fiを内蔵していなかった(99ドルのUSB Wi-Fiを別途購入する必要があった)。また、HDMI出力がなかったが(後のバージョンで追加された)、HDグラフィック向けに一から設計された最初のコンソールだった。360は「PlayStation 3」や任天堂の「Wii」よりも1年早く登場したが(両コンソールとも登場は2006年11月)、ハードウェアの信頼性が低いことで知られており、悪名高き「死の赤リング」問題にさいなまれた。

 20GバイトのXbox 360は発売開始当時、価格が399ドルだった。ハードドライブなしの299ドルバージョンも提供されていた。
Scroll Right Scroll Left

 Microsoftはそれからちょうど4年後の2005年11月22日、第2世代のXboxを発表した。「Xbox 2」の名称は実際には「Xbox 360」で、同コンソールは、取り外し可能なフェイスプレートや20Gバイトのハードドライブを採用する一方で、Wi-Fiを内蔵していなかった(99ドルのUSB Wi-Fiを別途購入する必要があった)。また、HDMI出力がなかったが(後のバージョンで追加された)、HDグラフィック向けに一から設計された最初のコンソールだった。360は「PlayStation 3」や任天堂の「Wii」よりも1年早く登場したが(両コンソールとも登場は2006年11月)、ハードウェアの信頼性が低いことで知られており、悪名高き「死の赤リング」問題にさいなまれた。

 20GバイトのXbox 360は発売開始当時、価格が399ドルだった。ハードドライブなしの299ドルバージョンも提供されていた。

提供: CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]