ノキア、隆盛期に建てた本社ビルから退去へ

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年11月22日 14時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Nokiaの広報担当者は米国時間11月21日、Bloombergに対し、Nokiaの残存事業(地図サービス、インフラストラクチャ、ライセンシング事業)がフィンランドのエスポー本社を離れ、Microsoftに場所を譲る予定であると認めた。Nokiaに残る従業員は、フィンランド国内にある同社の他のキャンパスに移るという。

 MicrosoftがNokiaの本社を引き継ぐという決断はおそらく、実務的なものでもあり、また何かを示唆してもいる。Nokia本社は、同社が最盛期に達しつつあり、モバイル市場で力を発揮していた1990年代に建てられた。MicrosoftがNokia本社へ移転することになった今、この場所はNokiaの衰退とともに、おそらくMicrosoftと「Windows Phone」の再生を物語っている。


提供:Roger Cheng/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加