logo

グーグルの「Nexus 5」レビュー(後編)--「Android 4.4 KitKat」搭載 - (page 2)

Lynn La (CNET News) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子2013年11月19日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 撮影した動画のクオリティも満足のいくものであったが、仕上がりは極めて印象的というところまではいかなかった。1080pのHD動画は明瞭であり、カメラは光量の変化に迅速に追随したものの、焦点合わせをやり直す際のレンズの動きとともに、些細とは言い難い「振動」が発生する点は気になった。ただ、近くの音もうまく拾えており、バックグラウンドノイズも適切なレベルとなっていた。

ギャラリーアプリの編集オプション

 「Gallery(ギャラリー)」アプリにはNexus 5ネイティブの編集オプションが数多く用意されており、ちょっとした変更もなされている。あらかじめ搭載されているInstagram風の9つのフィルタに加えて、お気に入りのプリセットを作成、保存して自らの「フィルタ」を作っておくこともできるようになった。また、フィルターはエフェクトを写真全体に「ウォッシュオーバー」できるようにもなった。

 いくつかのフレームがなくなっている一方、番号の代わりに「Scratchy」や「Easel」といったラベルが付けられている(筆者もラベル名を決定する会議に出席したかった)。また、ポスター化、ネガ化のほか、明るさや彩度、コントラストをスライダで変更して指定するグラデーション化という、3つの新しい編集エフェクトが追加されている。

Galleryではプリセットフィルターを自らカスタマイズできるようになり、グラデーション化ツールも追加された。
Galleryではプリセットフィルタ(左)を自らカスタマイズできるようになり、グラデーション化ツール(右)も追加された。
提供:Lynn La/CNET

パフォーマンス:信頼性が高く、スピードも速い

通話品質

 筆者は、Nexus 5にAT&TのSIMカードを入れて、サンフランシスコのオフィスから通話テストを行った。その結果、通話品質は印象的なものだった。音声は十分に大きいとは言えなかった(しかし、これは良い点でもある)ものの、クリアであり、音に深みが感じられた。その音質は固定電話のようであり、ちょっとした雑音も聞こえたものの、それはごくたまに聞こえてくる程度だった。

 電話の相手も、通話は明瞭であり、AT&Tのネットワークで使った電話のなかで最高の部類に入ると語っていた。筆者が屋外に出た際にも通話品質は安定していた。途中で通話が切れることはなく、おかしなうなりや雑音はまったく聞こえなかったし、音が途切れたりすることもなかった。底部に配置されたデュアルスピーカーでも同じ結果が得られ、音声は幅広く、質感のあるものであった。

Nexus 5(AT&T)通話品質サンプル

<="" p="">


LTEの搭載

 「Nexus 4」で筆者が感じていた最大の問題として、LTEが搭載されていないというものがあった。筆者のこの発言に腹を立てる前に、まず記事の続きを読んでほしい(心配しなくても、読んでもらえればハッピーエンドだと分かる)。

 あなたが米国外に居住しているのであればLTEがなくても問題はないだろうが、米国ではLTEがしっかりと根を下ろしている。このためNexusのような期待が高く、一流のデバイスでは少なくとも、LTEは搭載されていて当然とされており、欠けているとがっかりさせられるのである。また、「GALAXY NEXUS」のLTEモデルは最終的にSprintとVerizonから発売されたものの、2年近く前に発売されたオリジナルのSIMフリー版にはLTEが搭載されていなかった。

GoogleのNexus 5は複数の携帯事業者からLTEのサポートを受けている。
GoogleのNexus 5は複数の携帯事業者からLTEのサポートを受けている。
提供:James Martin/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]