2013年の世界PC出荷台数はタブレットが好調、PCは前年比11%減--ガートナー予測

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年10月22日 11時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 調査会社Gartnerのアナリストらによると、PC業界は2013年も厳しい状況のまま年を終えそうだという。

 Gartnerは、2013年における世界のデスクトップPCやノートPCの出荷台数が前年比11.2%減の3億300万台になると予測している。また、ウルトラモバイルPC(ノートPCとタブレットのハイブリッドを含む)も含めると、出荷台数は前年比8.4%減になるという。

 タブレットは市場を活性化し続け、2013年の出荷台数は前年比53.4%増の1億8400万台に達すると予想されている。また、小型で安価なタブレットは、より大きく、価格の高いタブレットよりも健闘している。Gartnerが主要数カ国で最近実施した調査によると、調査対象の47%が画面サイズ8インチ以下のタブレットを所有していたという。

 好調だったスマートフォンでさえも落ち込みを見せている。Gartnerによると、コンシューマーから見た高価格製品の魅力が薄れ、業界では成熟市場における中価格帯のスマートフォンと、新興市場における「Android」携帯が成長の源になると予想されるという。

 Gartnerで調査担当バイスプレジデントを務めるCarolina Milanesi氏は、「新たなウルトラモバイル機器の広告が次々と登場するだろうが、コンシューマーの注意は引けても、その財布のひもがゆるむとは限らないだろう」と述べている。

提供:Gartner
提供:Gartner

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加