logo

写真で見る思考制御型バイオニック義足--スムーズな動作を可能にする技術 - 3/7

Nick Statt (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年10月24日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 2009年にGregory Dumanian博士とTodd Kuiken博士によって開発された標的化筋肉神経再支配は、切断後の四肢に残った神経と、より健康な筋組織とをつなぎ直すことで、義肢の自然な動きを目指した画期的なアプローチであり、人の思考が最終的に行き着く先を根本的に変えるものだ。

 RICバイオニックチームはZawter氏のために、「もともと足首につながっていたはずの神経をハムストリング筋につなぎ直した」とAnnie Simon博士は説明する。その結果、Zawter氏が足首を動かすことを考えると、ハムストリング筋につなぎ直した神経が収縮の信号を感じ取り、取り付けられた電極がその収縮信号をバイオニック義足の足部分の動きに変換した。
Scroll Right Scroll Left

 2009年にGregory Dumanian博士とTodd Kuiken博士によって開発された標的化筋肉神経再支配は、切断後の四肢に残った神経と、より健康な筋組織とをつなぎ直すことで、義肢の自然な動きを目指した画期的なアプローチであり、人の思考が最終的に行き着く先を根本的に変えるものだ。

 RICバイオニックチームはZawter氏のために、「もともと足首につながっていたはずの神経をハムストリング筋につなぎ直した」とAnnie Simon博士は説明する。その結果、Zawter氏が足首を動かすことを考えると、ハムストリング筋につなぎ直した神経が収縮の信号を感じ取り、取り付けられた電極がその収縮信号をバイオニック義足の足部分の動きに変換した。

提供: Rehabilitation Institute of Chicago

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]