logo

写真で見る思考制御型バイオニック義足--スムーズな動作を可能にする技術 - 4/7

Nick Statt (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年10月24日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 RICはこの世界初の思考制御型バイオニック義足について、アルゴリズムを開発し研究を進めた。一方RICバイオニックチームが研究し、ボランティアのZac Vawter氏が使用した実際のハードウェアは、ヴァンダービルト大学が7年半の歳月をかけて設計したものだ。

 RICは、負傷した退役軍人の生活向上のために義肢の開発を促進する取り組みとして米陸軍から800万ドルの助成金を受け取り、Vawter氏による治験と、バイオニック義足のソフトウェアおよびハードウェアの改良を始めることができた。RICチームは今後3年から5年のうちに、このデバイスを家庭でテストする予定だとしている。
Scroll Right Scroll Left

 RICはこの世界初の思考制御型バイオニック義足について、アルゴリズムを開発し研究を進めた。一方RICバイオニックチームが研究し、ボランティアのZac Vawter氏が使用した実際のハードウェアは、ヴァンダービルト大学が7年半の歳月をかけて設計したものだ。

 RICは、負傷した退役軍人の生活向上のために義肢の開発を促進する取り組みとして米陸軍から800万ドルの助成金を受け取り、Vawter氏による治験と、バイオニック義足のソフトウェアおよびハードウェアの改良を始めることができた。RICチームは今後3年から5年のうちに、このデバイスを家庭でテストする予定だとしている。

提供: Rehabilitation Institute of Chicago

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]