logo

写真で見る思考制御型バイオニック義足--スムーズな動作を可能にする技術 - 5/7

Nick Statt (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年10月24日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 現在RICにある思考制御型バイオニック義足は1本のみである。さらにVawter氏はまだ、自宅での日常的な使用といったところまでは進んでいない。「彼がしようとしたことと、実際の義足の動きとの間にずれがあっても、つま先をぶつけるくらいで済むようにしたい」(Annie Simon博士)

 耐久性が高く、堅牢で、カバーで完全に覆われた義足を作るために、ヴァンダービルト大学は義肢メーカーのFreedom Innovationsと協力して、設計面で市販品レベルの製品に近づけた、第2世代の義足の作成を目指している。
Scroll Right Scroll Left

 現在RICにある思考制御型バイオニック義足は1本のみである。さらにVawter氏はまだ、自宅での日常的な使用といったところまでは進んでいない。「彼がしようとしたことと、実際の義足の動きとの間にずれがあっても、つま先をぶつけるくらいで済むようにしたい」(Annie Simon博士)

 耐久性が高く、堅牢で、カバーで完全に覆われた義足を作るために、ヴァンダービルト大学は義肢メーカーのFreedom Innovationsと協力して、設計面で市販品レベルの製品に近づけた、第2世代の義足の作成を目指している。

提供: Rehabilitation Institute of Chicago

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]