logo

写真で見る思考制御型バイオニック義足--スムーズな動作を可能にする技術 - 7/7

Nick Statt (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年10月24日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 RICのLevi Hargrove博士のような研究者たちは、つなぎ直した神経と思考によって義肢を制御するだけでなく、感覚のフィードバックをユーザーに伝えることが可能になる日を思い描いている。

 それは足の下に芝生があることを感じ取ったり、腕や脚を上げて空中でそのまま止めておくというような言葉で表現しにくい感覚を経験したりすることだ。「こうした進歩を実現するためにわれわれが必要としているのは、体内に埋め込んで、神経と直接接続することが可能な最先端のセンサだ」(Hargrove博士)
Scroll Right Scroll Left

 RICのLevi Hargrove博士のような研究者たちは、つなぎ直した神経と思考によって義肢を制御するだけでなく、感覚のフィードバックをユーザーに伝えることが可能になる日を思い描いている。

 それは足の下に芝生があることを感じ取ったり、腕や脚を上げて空中でそのまま止めておくというような言葉で表現しにくい感覚を経験したりすることだ。「こうした進歩を実現するためにわれわれが必要としているのは、体内に埋め込んで、神経と直接接続することが可能な最先端のセンサだ」(Hargrove博士)

提供: Screenshot by Nick Statt/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]