logo

写真で見る思考制御型バイオニック義足--スムーズな動作を可能にする技術 - 2/7

Nick Statt (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年10月24日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 シアトル在住で現在32歳のZac Vawter氏は約5年前にオートバイ事故に遭い、右脚の膝から下を失った。しかしほぼ同じころにRICとノースウェスタン大学は、標的化筋肉神経再支配と呼ばれる特別な手術法を開発した。ボランティアとして応募したVawter氏は、切断したのが膝の下だったことから、この手術の被験者として理想的な候補者だった。

 「バイオニック義足のおかげで、けがをしてから初めて階段をスムーズに上り下りできた。さらに、とりたい動きを考えることで、義足の位置を変えることさえできた。これはわたしにとって、そしてあらゆる下肢切断者にとって、非常に画期的な出来事だ」(Vawter氏)
Scroll Right Scroll Left

 シアトル在住で現在32歳のZac Vawter氏は約5年前にオートバイ事故に遭い、右脚の膝から下を失った。しかしほぼ同じころにRICとノースウェスタン大学は、標的化筋肉神経再支配と呼ばれる特別な手術法を開発した。ボランティアとして応募したVawter氏は、切断したのが膝の下だったことから、この手術の被験者として理想的な候補者だった。

 「バイオニック義足のおかげで、けがをしてから初めて階段をスムーズに上り下りできた。さらに、とりたい動きを考えることで、義足の位置を変えることさえできた。これはわたしにとって、そしてあらゆる下肢切断者にとって、非常に画期的な出来事だ」(Vawter氏)

提供: Rehabilitation Institute of Chicago

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]