logo

プログラマー金子勇氏が死去--逮捕から無罪判決まで「Winny事件」を振り返る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Skeedの元取締役でファイル共有ソフト「Winny」の開発者でもある金子勇氏が、急性心筋梗塞で7月6日に亡くなった。42歳だった。ここでは、物議を醸したWinny事件の経緯や金子氏の言動を、過去の記事とともに振り返る。

◇Winny開発者の金子氏が逮捕

Winny開発者逮捕、著作権法違反幇助の容疑で
Winny開発者逮捕で東京大学がコメント発表
Winny開発者逮捕で東京大学が調査委員会を設置
Winny開発者逮捕でACCSがコメント発表「開発者にも一定の責任」

◇Winny事件に関する考察や動き

Winny事件という誤謬の原点
Winny開発は著作権法違反幇助にあたるか
弁護士から見たWinny事件の問題点とは
Winny事件を契機にエンジニアの社会問題を考える
安部官房長官が国民に異例の呼びかけ--「パソコンでWinnyを使わない」
株式市場で「Winny」対策銘柄がにぎわう
「Winnyから情報漏えいを防ぐのは技術的に容易」--開発者の金子勇氏
大詰めWinny公判が突きつけたソフトウェアの明日

◇金子氏、有罪から無罪へ

Winny開発者に有罪判決--150万円の罰金命令
Winny裁判、罰金刑は重いか?軽いか?--自己矛盾を抱えた判決
Winny開発者に無罪判決、ACCSは「意外な判決」とコメント
Winny開発者の金子氏がSkeedの社外取締役に就任--裁判に引きずられて活動を自粛しているより…
悪い面だけ注目してもろくなことがない--Winny事件から見た社会規範
Winny開発者の金子勇氏が死去--42歳の若さで

◇Winny・ファイル共有ソフトに関する報道

「Winny」に複数の脆弱性--利用停止呼びかけ
「WinMX」で音楽ファイルをアップロードしていた男性に538万円の賠償金
タコイカウイルス作成の男を再逮捕--なぜ“器物損壊容疑”か?
ファイル共有ソフト:ノード数でWinnyは半減
違法ファイル:約6700億円、正規音楽配信の8倍--推定で約44億ダウンロード
Winny上に違法ダウンロードの注意喚起文--総務省
ファイル共有ソフト「Share」でパソコンゲームなどを違法配信した男性が逮捕

-PR-企画特集