お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Winny開発者逮捕で東京大学がコメント発表

2004/05/10 14:06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ファイル交換ソフトウェアWinnyの開発・公開により著作権法違反幇助の疑いで逮捕された金子勇容疑者が所属する東京大学大学院情報理工学系研究科がコメントを発表した。

 コメントは研究科長の名前で出されたもので、「容疑の詳しい内容は未だ承知しておりませんが、本研究科の教員が逮捕されるという事態が生じたことを誠に遺憾に存じております」としている。

 東京大学によると、金子容疑者は2002年1月に特任教員(助手相当)として採用され、大学院生のソフトウェア開発の指導にあたっていたという。東京大学では「容疑の詳しい内容が判明すれば、職務との関連の如何等を調査する予定」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社