セールスフォースとオラクル、クラウドを統合へ--9年契約を締結

Andrew Nusca (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉 (ガリレオ)2013年06月26日 10時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エンタープライズ分野で米国時間6月25日、大きなニュースがあった。時にはライバル関係にあったSalesforce.comとOracleが同日午前、両社のクラウドを統合する9年間の提携を発表したのだ。

 今回の契約は、アプリケーション、プラットフォーム、インフラというクラウドコンピューティングの3層すべてを対象とする。

 Salesforce.comは、「Oracle Linux」OS、「Exadata」エンジニアドシステム、「Oracle Database」およびJavaミドルウェアプラットフォームにおける自社サービスの標準化を計画している。

 他方Oracleの計画は、Salesforce.comを自社の「Fusion HCM」と「Financial Cloud」に統合し、あわせてSalesforce.comのアプリケーションとプラットフォームを強化する中核技術を提供するというものだ。Salesforce.comもまた、社内全体でOracleのFusion HCMおよびFinancialsクラウドアプリケーションを実装する予定だ。

 Salesforce.comの最高経営責任者(CEO)を務めるMarc Benioff氏は、「Larry(Ellison氏)と私は共に、Salesforce.comとOracleのクラウドを統合する必要があるということで同意している」と述べた。

 一方、OracleのCEOを務めるEllison氏は、「Marc(Benioff氏)と私は、2社が協力してそれを実現させることが重要だと考えている」述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加