logo

グーグルのWaze買収--「Android」ユーザーにもたらすメリット

Scott Webster (Special to CNET News) Jessica Dolcourt (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年06月19日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 読者の皆さんもご存じのように、Googleは先ごろWazeを買収した。Wazeはソーシャルマッピングとナビゲーションのプラットフォームおよびアプリであり、今後「Android」ユーザーに大きな影響を及ぼす可能性がある。

 WazeはFacebookも買収を検討するほど大きな注目を集めていた。それは十分な理由があってのことだった。同プラットフォームは初期のころから進化を遂げ、ソーシャル的な要素を含む強力なリアルタイムドライビングアラートを提供するようになり、その人気は急上昇した。

 Wazeのさまざまな要素を「Google Maps」に組み込むことで、Googleの各種サイトや製品を利用するすべてのユーザーがメリットを得られるが、徒歩、自転車、バス、自動車での通勤中にモバイルデバイスを利用する人々には、特別なレベルの利便性がもたらされるかもしれない。

Google Mapsとの統合

 Wazeの最高の機能はリアルタイムのアラートだ。事故、道路上の落下物や穴、工事など、通勤通学が遅れる可能性のある出来事をユーザーに知らせてくれる。

 これらの変化は、ユーザーがコンピュータで道順を確認してから自動車に乗り込むまでの短い時間に起きることもあるので、Wazeをモバイルで利用すれば多くの時間を節約できることもある。少なくとも、先に何が待ち構えているのかを知ることができる。

 もしわれわれがGoogleなら、クラウドソーシングで構築されたWazeの運転ノウハウを即座にバックエンドに組み込んで、事故が発生した場合にリアルタイムの交通状況に基づいて動的に別のルートを示すために利用するだろう。

 またWazeによって、通勤者が最も効率的なルートを賢く判断できれば素晴らしい機能になる。例えば、フリーウェイで渋滞が発生したとき、下の道を走った方が実際に早く帰宅できるかどうか分からないままフリーウェイを降りたという経験は、数え切れないほどあるはずだ。

 GoogleはWazeの一部の要素を交通状況とガソリンという層に追加して、ガソリンスタンドを探しているユーザーのために、Wazeのリアルタイムのガソリン価格報告機能を活用することも考えられる。

Google Nowとの統合

 Wazeのリアルタイムアラートは「Google Now」に最適だ。これらの期待の通知カードやドロップダウンメニューアラートは、ユーザーにいつ出発すべきかを知らせることができる。われわれはGoogleがアラートの詳細レベルを設定できる機能を提供してくれるのを楽しみにしている。例えば、A地点とB地点の間で発生した事故を知りたくはないだろうか。あるいは最適な出発時刻や、目的地に到達する最善の方法が分かれば便利ではないだろうか。

Wazeは「Google Maps」と「Navigation」以外にも恩恵をもたらすかもしれない。
Wazeは「Google Maps」と「Navigation」以外にも恩恵をもたらすかもしれない。
提供:Waze

-PR-企画特集