logo

Facebookの2013年のモバイル広告収入が急増の見通し--eMarketer調査

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2013年06月14日 12時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2011年、世界最大のソーシャルネットワーク企業Facebookにモバイル広告収入はなかった。eMarketerの新たな報告書によると、そのFacebookが2013年には20億ドル超の収益を得る見通しであるという。

 インターネット市場調査会社eMarketerのアナリストらの解釈によると、2013年の増加率は333%を上回るという。

 とはいうものの、2012年におよそ46億1000万ドルのモバイルインターネット広告による収入を獲得したGoogleが、引き続き王座に就いている。これは2011年の3倍にあたる。eMarketerは、2013年の収入を92.1%増の88億5000万ドルと予測している。

 研究者らはこの報告書で、モバイル広告費(および収入)がオンライン広告全体の支出パターンに従うと予測している。つまり、少数の大手IT企業に集約されるということだ。

 AppleやPandoraなどが依然そうした企業に含まれることは確かだが、アナリストらは、最終的に上位3社に食い込む可能性のあるもう1つの主要企業はTwitterであると示唆した。

 世界的規模でみると、Twitterはまだ、PandoraとYP(Yellow Pages)より下位に位置しているが、Twitterの成長と比べて、世界における両社のシェアは低下しつつあると、eMarketerは指摘している。

 Twitterの世界全体のモバイル広告費のシェアは、2013年も引き続き拡大する見通しだ。


世界のデジタル広告収入におけるシェア

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集