logo

ミクシィがDSP事業「Vantage」のテスト配信を開始--接続先SSPに「AdStir」を採用

岩本有平 (編集部)2013年04月08日 12時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミクシィは4月8日、広告主・広告会社向けにオンライン広告取引プラットフォーム(DSP:Demand Side Platform)「Vantage(ヴァンテージ)」のテスト配信を開始すると発表した。あわせて、接続先のSSP(Supply Side Platform)として、ユナイテッドのスマートフォン特化型広告配信SSP「AdStir(アドステア)」を採用したと発表した。

 Vantageは、SNS「mixi」のユーザー属性や趣味嗜好データなどを活用した外部サイトでのオーディエンスターゲティングが可能なDSP。広告主のプロモーションごとに、最適なメディアへの配信ロジックを自動で分析、学習し、広告効果の最大化を実現するとしている。

 ユナイテッドが提供するAdStirは、5000以上のスマートフォンサイトおよびアプリで利用されるSSP。4月時点でアドインプレッションは100億を超えているという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]