logo

探査機「カッシーニ」が撮影した土星と衛星 - 5/12

James Martin (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年03月23日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 土星のF環の右下近くには、「扇」状の物質が2つ、リングのコアから放射状に広がっている。コアに沿って不完全な部分があることが確認できる。暗い「溝」が、メインのらせん構造に切り込んでいることも複数の場所で確認することができる。これらの溝は、羊飼い衛星プロメテウス(この画像には写っていない)との最近の相互作用によってできた。

 F環の多様な特徴の多くは、リングの物質と、その羊飼い衛星またはリングの内側にある物質の塊との相互作用の結果生じた、と科学者は考えている。
Scroll Right Scroll Left

 土星のF環の右下近くには、「扇」状の物質が2つ、リングのコアから放射状に広がっている。コアに沿って不完全な部分があることが確認できる。暗い「溝」が、メインのらせん構造に切り込んでいることも複数の場所で確認することができる。これらの溝は、羊飼い衛星プロメテウス(この画像には写っていない)との最近の相互作用によってできた。

 F環の多様な特徴の多くは、リングの物質と、その羊飼い衛星またはリングの内側にある物質の塊との相互作用の結果生じた、と科学者は考えている。

提供: NASA/JPL-Caltech/Space Science Institute

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]