パナソニック、スリムなiPodドック搭載ステレオ--AirPlay対応機も

加納恵 (編集部)2013年02月26日 18時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは2月26日、スリムデザインを採用したステレオシステム「SC-HC58/HC38/HC28」を発表した。iPhone/iPodのドックステーションを備え、AirPlay対応機もラインアップする。発売は4月19日。店頭想定価格はHC58が3万5000円前後、HC38が2万8000円前後、HC28が2万円前後になる。

 いずれもCD、FM/AMチューナ、アンプ、スピーカを内蔵した一体型で、iPhone/iPodドックを装備する。HC58、HC38はBluetoothに対応し、伝送時の信号圧縮で失われた高域信号を演算補正して再現する「Bluetooth リ.マスター」による高音質ワイヤレス再生を実現。最上位機となるHC58のみ、無線LANを内蔵しAirPlayによるワイヤレス再生が可能だ。

 iPhone/iPodドックは再生、充電に対応し、HC58、HC38はボタンを押すとスライドドアがオープンし、台座がせり出してくる電動タイプ。HC28のみiPad miniの接続も可能だ。

 HC58/HC38には、クリアなボーカルと立体的な音場感が味わえるサラウンドシステム「ダイレクト・ボーカル・サラウンド」と「Wパッシブラジエーター」を搭載し、高音質設計を実現。HC58には、スピーカコーンに竹繊維を採用したナノバンブースピーカを採用する。


「SC-HC58/HC38/HC28」
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加