「Skype」、国際通話トラフィックで大躍進--世界の3分の1に相当

Dara Kerr (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年02月18日 11時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftの「Skype」は、国際通話トラフィックで大躍進を遂げている。通信市場の調査会社であるTeleGeographyが公開した新たなデータによると、2012年のSkypeによる国際通話が世界の国際通話トラフィックの3分の1に匹敵する量となり、記録を更新したという。

 国際通話トラフィックは一般的にゆるやかに成長するもので、たとえば2012年については、5%増の4900億分だった。しかしSkypeは急成長を遂げている。2012年のSkypeによる通話と動画のトラフィックは、44%増の1670億分であった。この増加量は、すべての国際通信事業者のトラフィック増加量合計の2倍以上に及ぶ。

提供:TeleGeography
提供:TeleGeography

 TeleGeographyによると、もしSkypeのトラフィックが国際通話トラフィックの数字に含まれていれば、2012年の成長率はわずか5%ではなく13%となっていたかもしれない。このような急成長は、複数の事業者にとって脅威となりそうだ。

 TeleGeographyのアナリストであるStephan Beckert氏は声明で次のように述べた。「事業者へのプレッシャーは今後数年間増え続けるだろう。Skypeは最も知られている通話アプリだが、公衆交換電話網(PSTN)への挑戦者はSkypeのみにとどまらない。『Google Talk』や『Google Voice』『WeChat(weixin)』『Viber』『Nimbuzz』『LINE』『カカオトーク』なども人気が増している。そして、Facebookが最近 『Messenger』アプリに無料の音声通話機能を追加したことが、もしかすると通信会社にとって最も大きな不安要素かもしれない」

 Skypeチームは米国時間2月13日に「Windows」と「Mac」向けに新たなアップデート(ともにバージョン6.2)を公開した。同アップデートでは、「eGifting」という、Skypeクレジットを友人に贈る機能が含まれている。クレジットを受け取った人は、いつでもこれを使うことができる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加