logo

無料でシンプルなアウトラインツール--iOSアプリ「Invent Outliner」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Invent Outlinerは、無料かつシンプルなアウトラインツールだ。iPhone、iPadで使用できる。タスクを階層別に管理したり、ちょっとしたアイデアをメモしたりするのに適している。書いた内容は、階層を自由に移動させることができるほか、メールで送信できる。

  • テキストに階層構造を持たせて表示できる。記事の構成を考えたり、ちょっとしたプロジェクトごとのToDoを書いたりするのに向いている

 Invent Outlinerを起動しても、画面には「Edit」ボタンおよび「+」ボタンの2種類のボタンしかないシンプルさだ。新しい項目を入力するには、「+」ボタンをタップする。1項目に対して行数の制限はないようだが、書かれたテキストが折り畳まれずにすべて表示されるため、階層を作っている場合に階層構造が1画面では確認しにくくなることに、注意が必要だ。

 親項目の下に、子項目を追加する場合、1つの項目を表示した状態で、画面右上の「+」をタップする。項目を入力すると、画面下部の「Subheadings」より下に子項目が表示される。階層はいくつでも追加することができるが、親項目に一気に戻るオプションがないため、あまり階層を深くすると、親項目に戻るのが大変だ。また、現在表示している階層がどこなのかが分からないのも困るので、階層は深くても3階層程度に留めておく方が、使い勝手がよいだろう。

  • タスクとして、優先順位を設定すると、テキストの左側に色帯がつく

 メモとして利用できるほか、タスク管理アプリとしても利用できる。1つの項目を表示した状態で、画面左下の「Task」をタップすると、優先順位、開始日(Start date)、終了日(End date)、タグ(Tags)、連絡先(Contacts)を設定できるようになる。また、タスクを完了した場合は、画面左下に表示される「Mark Complete」をタップすると、画面全体がグレーになり、タスクが完了したことを示すチェックマークが表示される。ただし、リスト表示のときには、完了したかどうかが分からないため、1つずつ項目を表示させる必要がある。この点、本格的なタスク管理アプリに比べると見劣りする。

 本格的なエディタとして使用するには、不安があるが、1つのアイデアから次々に別のアイデアを連想するようなときに、階層を掘り下げていきながら書き留めるといった使い方には適している。横や縦の広がりというより、奥へ広がるイメージとでも言おうか。書き出しの方法が、メール送信のみなので、他のアプリとの連携機能などができると、もう少し使い道が広がるだろう。

  • タスクの設定画面。優先順位は、「Medium Priority」と表示されている色帯を左右にスワイプして切り替える

  • 開始日および終了日は、それぞれを有効化(「Enabled?」をオン)してから、日付を選択する

  • 「Mark Complete」をタップすると、画面全体がチェックマークで覆われる。少々大げさすぎる気がする

>>Invent Outlinerのダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

-PR-企画特集