「iOS」向けYouTubeアプリがアップデート--「iPad」と「iPhone 5」に対応

Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年12月05日 10時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スタンドアロンのYouTubeアプリが「iPhone」および「iPod touch」に登場してから約3カ月が経過したが、Googleは同アプリを初めてアップデートし、「iPad」および「iPhone 5」との互換性を追加した。

 これで同アプリはすべての「iOS」デバイスに対応し、3つの異なるスクリーンサイズで動作する。

 そのほかの追加機能には、「AirPlay」経由での動画ストリーミングや動画説明文内のURLのサポート、さらにGoogleが「より高速に再生が始まり、より滑らかに再生される動画」と呼ぶ機能が含まれる。

 YouTubeは初代iPhoneがリリースされたときから「iOS」の内蔵アプリだった。Appleは9月にリリースした「iOS 6」で「Google Maps」とともにYouTubeを削除した。ユーザーはYouTubeのモバイルウェブサイトにアクセスして、動画の閲覧や検索を行う必要があった。その一方で、アップロード機能はAppleの内蔵の録画ツール内に残された。

提供:Josh Lowensohn/CNET
提供:Josh Lowensohn/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加