logo

写真で見るソフトバンク2012年冬春モデル--Android 4.1搭載や25色のカラバリも - 2/14

藤井涼 (編集部) 坂本純子 (編集部)2012年10月09日 18時56分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ソフトバンクモバイル初となるMotorola製のAndroid搭載スマートフォンが「RAZR(レーザー) M SoftBank 201M」だ。10月下旬以降に発売する。

 ディスプレイには、4.3インチの有機ELを採用。狭額縁設計によって4.3インチのディスプレイを搭載しながら、薄さ8.3mm、幅61mmの手のひらに収まるコンパクトな本体サイズが特長だ。OSは、Android 4.0。

 高速な処理性能を持つ1.5GHzのデュアルコアCPU「MSM8960」を搭載。画面には強固で傷つきにくい「Gorilla glass 2」を採用したほか、ブラックの本体背面には、軽量でありながらも同じ質量の鋼鉄の5倍の強度を持つ米国デュポンのKEVLAR(ケブラー)ファイバを使用している。
Scroll Right Scroll Left

 ソフトバンクモバイル初となるMotorola製のAndroid搭載スマートフォンが「RAZR(レーザー) M SoftBank 201M」だ。10月下旬以降に発売する。

 ディスプレイには、4.3インチの有機ELを採用。狭額縁設計によって4.3インチのディスプレイを搭載しながら、薄さ8.3mm、幅61mmの手のひらに収まるコンパクトな本体サイズが特長だ。OSは、Android 4.0。

 高速な処理性能を持つ1.5GHzのデュアルコアCPU「MSM8960」を搭載。画面には強固で傷つきにくい「Gorilla glass 2」を採用したほか、ブラックの本体背面には、軽量でありながらも同じ質量の鋼鉄の5倍の強度を持つ米国デュポンのKEVLAR(ケブラー)ファイバを使用している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]