写真で見るソフトバンク2012年冬春モデル--Android 4.1搭載や25色のカラバリも

藤井涼 (編集部) 坂本純子 (編集部)2012年10月09日 18時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ソフトバンクモバイルは10月9日、2012~2013年の冬春商戦向けラインアップとして、新商品11機種を発表した。

 ソフトバンクとして発表するスマートフォン6機種で、下り最大76Mbpsの高速通信ができる「SoftBank 4G」に対応した。さらに、「iPhone 5」と同様に12月15日よりテザリングをスタートする。

 最初に発売するのは、写真の「STREAM 201HW」(Huawei製)。10月10日に発売予定で、SoftBank 4G対応スマートフォンの第一弾となる。

 線的な形状でシックなデザインのボディに、大画面4.3インチSuper AMOLEDディスプレイを搭載。1.5GHzデュアルコアCPUを搭載。1.8秒で10枚の高速連写が可能な高機能カメラ、大容量1930mAhのバッテリを備える。OSは、Android 4.0。
Scroll Right Scroll Left

 ソフトバンクモバイルは10月9日、2012~2013年の冬春商戦向けラインアップとして、新商品11機種を発表した。

 ソフトバンクとして発表するスマートフォン6機種で、下り最大76Mbpsの高速通信ができる「SoftBank 4G」に対応した。さらに、「iPhone 5」と同様に12月15日よりテザリングをスタートする。

 最初に発売するのは、写真の「STREAM 201HW」(Huawei製)。10月10日に発売予定で、SoftBank 4G対応スマートフォンの第一弾となる。

 線的な形状でシックなデザインのボディに、大画面4.3インチSuper AMOLEDディスプレイを搭載。1.5GHzデュアルコアCPUを搭載。1.8秒で10枚の高速連写が可能な高機能カメラ、大容量1930mAhのバッテリを備える。OSは、Android 4.0。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加