アップル、Chompのアプリ検索ツールをひそかに終了

Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年10月02日 11時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが2012年になって買収した、アプリケーションの検索と発見サービスの会社Chompの痕跡が世の中からかき消されてしまった。

 AllThingsDは、Chompの「iOS」向けアプリはもはや機能しておらず、結果を表示する代わりにユーザーを「App Store」に送り込んでいると述べた。ウェブベース版の前の検索サイトであるChomp.comにアクセスしても、Appleのサイトにリダイレクトされるようになっている。

 Appleは、買収してiOSデバイスの音声アシスタント機能として転用したSiriに対しても同じことをしたが、それを行ったのは機能を「iPhone 4S」に組み込んだ後であった。

 Chompは2010年初めに、AppleのApp Storeを検索する代替検索ツールとしてスタートし、翌年にはGoogleの「Android」プラットフォームへと手を広げていった。同社の技術は、アプリの名前ではなく機能に基づいて結果を表示する。Appleは4月末にGoogleのAndroidプラットフォームの検索結果を提供するサービスを停止したが、サイトとiOSアプリは残されていた。

 AppleはChompの買収後すぐに買収の事実を認めたが、同社の技術を使用する目的は発表していない。この検索ツールはAppleのApp Storeに組み込まれると予想されるが、App Storeは「iOS 6」の一部として改変されたばかりだ。



提供:Josh Lowensohn/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加