logo

NASAがテスト中の次世代ロボット着陸船「Mighty Eagle」--写真で見るその姿

James Martin (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2012年09月08日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 米航空宇宙局(NASA)によると、「Mighty Eagle」の誘導、航行、および制御ソフトウェアは、軌道を周回する宇宙ごみの捕捉や、宇宙空間での外部燃料タンクとのドッキング、ロボット着陸船と軌道を周回するコマンドモジュールのドッキング、および人類による太陽系の宇宙空間探査を目的とする複数の無人段階のランデブーに役立つ可能性があるという。
Scroll Right Scroll Left

 米航空宇宙局(NASA)によると、「Mighty Eagle」の誘導、航行、および制御ソフトウェアは、軌道を周回する宇宙ごみの捕捉や、宇宙空間での外部燃料タンクとのドッキング、ロボット着陸船と軌道を周回するコマンドモジュールのドッキング、および人類による太陽系の宇宙空間探査を目的とする複数の無人段階のランデブーに役立つ可能性があるという。

提供:NASA/David Higginbotham

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]