logo

HP、タブレットとノートPCのハイブリッドで競合に対抗へ--CEOが明らかに

Brooke Crothers (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年08月23日 12時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Hewlett-Packard(HP)の最高経営責任者(CEO)であるMeg Whitman氏は米国時間8月22日、決算発表の電話会議で強気に出た。

 Whitman氏は、PC事業に関するアナリストからの質問に対し「われわれは非常に強い競争圧力を受けているが、これに対抗していく」と述べた。

 Whitman氏によると、「可能ならば、コンシューマー分野ではノートPCと組み合わせた2つのタブレット」で応戦するという。

 この製品は、HPの広告に登場していた「Windows 8」ビジネスタブレットに加えての製品と思われる。

 Whitman氏は、拡大を続ける同社のウルトラブックのラインアップを指して、HPが「長期間にわたるPC事業においても1、2を争う優れた製品ラインアップ」を持っていることを付け加えた。

 HPは8月22日、売上高が297億ドルであり、前年同期の312億ドルから5%の減少となったと発表した。調整後の利益は1株あたり1ドルであった。

 この決算には特別損失の108億ドル(1株あたり5.49ドル)が含まれている。

 アナリストらは、売上高が302億ドル、調整後の利益が98セントと予測していた。

この写真にあるWindows 8ビジネスタブレットに加えて、HPは、ノートPCとタブレットのハイブリッド製品2機種をコンシューマー向けに投入する予定だと同社CEOのWhitman氏が述べた。
この写真にあるWindows 8ビジネスタブレットに加えて、HPは、ノートPCとタブレットのハイブリッド製品2機種をコンシューマー向けに投入する予定だと同社CEOのWhitman氏が述べた。
提供:Hewlett-Packard

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したもので す。

-PR-企画特集