logo

グーグル、ストリーミングメディアプレーヤー「Nexus Q」を発表

Adrian Kingsley-Hughes (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年06月28日 08時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GoogleはGoogle I/O 2012カンファレンスに先立ち、新しいストリーミングメディアプレーヤー「Nexus Q」を発表した。

 Googleは球状の同製品を「初のソーシャルストリーミングメディアプレーヤー」と説明する。「Google Play」ストアのウェブサイトには、同製品について「Google PlayやYouTubeからお気に入りのエンターテインメントを、家庭の大きなスピーカーとスクリーンにストリーミングする」と記されている。

 同製品は、HD映画やテレビ番組、YouTubeの動画、音楽などのコンテンツに対応する。「Android 2.3」(Gingerbread)以上を搭載する、Google Playにアクセス可能なスマートフォンまたはタブレットからコントロールし、コンテンツをNexus Q上で再生できる。

 同製品は直径4.6インチ(約11.7cm)、重量は2ポンド(約907g)。製品そのものにはコントロール機能がたった1つ、音量を制御する機能しか存在しない。

 Nexus Qの構成としては、「Android 4.0」(Ice Cream Sandwich)が稼働し、デュアルコアの「ARM Cortex A9」CPUである「OMAP 4460」、「SGX540」グラフィックスコア、1GバイトのRAM、および16Gバイトのフラッシュメモリストレージが搭載されている。

 Nexus Qには、Micro HDMI、光ファイバー用のTOSLink、イーサーネット、スピーカー用端子、そして「サービスおよびサポートのみ」のために搭載しているとGoogleが述べるMicro USBなど、あらゆるポートを備えている。また、Bluetooth、Wi-Fi 802.11b/g/n、近距離無線通信(NFC)もサポートする。

 価格は299ドルで、7月に出荷される予定。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]