logo

ベールを脱いだ「Windows Phone 8」--マルチコアプロセッサやNFCをサポートへ

Jessica Dolcourt Lynn La (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年06月21日 09時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
UPDATE

 Microsoftが次世代モバイルOS「Windows Phone 8」を正式に発表した。以下に詳細を紹介する。

マルチコアのサポート

 Windows Phone 8はデュアルコアやクアッドコアだけでなく、理論上は最大64コアのプロセッサをサポートする予定である。64コアについてはあまり期待するべきではないが、世界初のデュアルコアプロセッサ対応の「Windows Phone」の登場に期待したい。

3つの画面解像度

 Windows Phone搭載端末は、800×480ピクセル、1280×768ピクセル、1280×720ピクセルの3つの画面解像度をサポートする予定である。

「IE10」との共有コードの増加

 「Internet Explorer 10」(IE10)はまだ正式にはリリースされていないが、IE10のデスクトップ版のコードは、Windows Phone上のものと非常に類似したものになる予定だとMicrosoftは述べた。これによって、モバイル版のブラウザは、フィッシング詐欺検出や「SmartScreen Filter」といったデスクトップ版のより堅牢なセキュリティ機能を利用できるようになる予定だ。SmartScreenは、既知のフィッシングや有害なウェブサイトを登録したデータベースを利用して、ユーザーが悪質なサイトに訪問しないよう警告を発したり、アクセスをブロックしたりする。この機能も、モバイル版で実行できるようになる予定である。

microSDカードのサポート

 次回のアップデートで、Windows Phone搭載端末にmicroSD拡張スロットのサポートが提供される予定である。これによって、Windows Phone搭載端末は、16Gバイト、32Gバイト、さらには64Gバイトの追加メモリを増設し、メモリを拡張できる可能性がある。

新しい起動、新しい画面

 Microsoftの「Metro」ユーザーインターフェースはそのままだが、スタート画面が改良される予定。Windows Phone 8では、ライブタイルが左側に寄せるのではなく、携帯端末の画面いっぱいに表示される。


提供:Screenshot by Microsoft

 また、ユーザーは3つのタイルサイズを選択できる。お馴染みの中サイズと大サイズ(「double wide」(ダブルワイド)とも呼ばれる)のオプションに加えて、新たにより小さなボックスが提供される予定である。

 より小さなタイルは、必要な情報を表示するために最小限のスペースがあればよいアプリケーションに向いている。ユーザーは個々に、それぞれのアプリケーションのタイルのサイズをカスタマイズすることができる。

-PR-企画特集