logo

HP「Enyo」チーム、グーグルへの移籍報道について釈明:「開発は継続される」

Edward Moyer (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年05月28日 08時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Hewlett-Packard(HP)の「Enyo」チームは、同チームがGoogleに移籍するという報道について、説明が必要だと述べている。

 The Vergeは米国時間5月24日、GoogleがHP内でEnyo開発を担当しているチームをまもなく迎え入れると報じた。Enyoは、失敗に終わった「TouchPad」で初めてリリースされたモバイルプラットフォーム「webOS」向けに開発されたHTLM5ベースのアプリケーションフレームワークだ。

 しかし、Enyoウェブサイトへの25日付けのブログ投稿によると、同チームの大部分はそのまま残り、Enyoの開発は継続されるという。またEnyoチームは拡大中であるとも書かれている。

 The Vergeは、前日の報道に対するアップデートとして、Enyo担当者のMatt McNulty氏が「コードの99%に関与した」チームメンバーとともにGoogleへと移ったとする匿名の情報筋からの話を報じている。

 米CNETは25日、HPにThe Vergeの報道についてコメントを求めたが、HPはEnyoチームのブログ投稿を参照するように述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]