logo

グーグル「Chrome」、IEを抜きブラウザシェアで首位に--StatCounter調査

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年05月22日 16時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブラウザの世界市場シェアを解析しているStatCounterによると、「Google Chrome」は先週、「Internet Explorer(IE)」を抜いて世界で最も人気があるブラウザに初めてなったという。StatCounterのデータによると、Chromeは5月14日から5月20日の週に市場シェアの32.76%を獲得した。Microsoftは31.94%だった。

 しかし、今週初めには、Chromeのシェアは31.88%となり、IEの31.47%に近づく結果となっている。

 Chromeは、StatCounterが3月に公開したデータで1日だけIEを上回り、一部のウェブユーザーを驚かせている。その直後、ChromeはIEを下回り、2位に転落していた。StatCounterの最高経営責任者(CEO)Aodhan Cullen氏は当時、Chromeが週末に使われるブラウザとして1番の選択肢に早くもなったことに言及している。

 Cullen氏は当時、「Chromeが長期的にブラウザ戦争でリードできるかどうかはまだ分からないが、週末にChromeの利用が拡大する傾向は否定できない事実だ」と述べた。「週末、どのブラウザを使うか自由に選択できる時に、多くの人がIEよりもChromeを選んでいる」(Cullen氏)

 世界における快挙とは別に、Chromeは米国ではIEを依然下回っている。StatCounterのデータによると、Chromeが同週に23.83%の市場シェアを獲得しているのに対し、Microsoftは37.81%を獲得した。Chromeの躍進に大きく貢献したのは欧州であり、欧州でChromeはIEに1%以上も差をつけている。

StatCounterによると、ChromeがIEを上回ったという StatCounterによると、ChromeのシェアがIEを上回ったという
提供:Screenshot by Don Reisinger/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]