logo

「Microsoft Office」に挑む「Google Drive」--ユーザーデータが勝敗の鍵

Rafe Needleman (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2012年05月14日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleがクラウドに作ったハードドライブ「Google Drive」は、「Dropbox」や「Box」といった、ほかのクラウドストレージサービスにとって大きな脅威だ。しかしそれは、Microsoftのメインストリームのビジネスソフトウェア「Microsoft Office」の中心部分に真っ向から挑戦するものでもある。

 Googleの一連の生産性アプリケーションである「Docs」(現在はDriveに統合されている)と「Apps」(企業向け)は、Microsoft Officeのテリトリーにある程度攻め入ってきたものの、主要な戦いの場はアプリケーションではない。データだ。Googleがその戦いの場を、自社の方が大きな兵力と強力な武器を持つ場所へと移すことができれば、戦況は変わる。Google Driveはそれを現実にするかもしれない。

 Googleの立場から世界を見てみよう。ユーザーがGoogleの検索エンジンで検索したり、「Chrome」でリンクをクリックしたり、「Google+」で特定のアイテムに「+1」ボタンを押したりするたびに、Googleの知識に微量のデータが追加されていく。人々の好みや行動に関するデータだ。この情報は、Googleによるウェブのインデックス化や、人々が検索を実行したときに表示される検索結果の順位付けに役立つ。ちなみにこれは、Facebookのモデルでもある。

 加えて、ユーザーデータを生成するアクションで、Googleの製品やサービスを使用しないものはすべて、人間の知識と嗜好の「ウェブ」にインデックスを作成し、理解するために使えたはずの情報をGoogleから奪っている。PCに保存されている「Microsoft Word」形式のドキュメントはどうだろうか。最も辛らつな表現をすれば、そうしたドキュメントの1つ1つがGoogleから利益を盗み取っている。

 そういった意味では、連携のない閉じられたアプリはすべて、Googleから機会を奪っていることになる。Googleの共同創設者のSergey Brin氏は最近、開かれたインターネットからデータを囲い込んでいるアプリや企業を非難した。そこには確かに危険があるが、同氏の言わんとするところはオープン性の問題だけではなく、データのインデックスを作成するGoogle自身の能力のことだ。

 Google Driveに話を戻そう。ユーザーデータの基盤(つまりファイルシステム)としての機能を果たすことで、Googleは何倍も多くの情報に触れることになる。Googleはこのデータを公開する必要はないし、実際のところそうする理由はないが、ユーザーデータをインデックス作成や相互参照で利用できるようにすれば、同社のコアサービスであるターゲット広告の価値は高まる。

 Googleが持つデータが増えれば、同社の製品の価値はさらに高まる。念のために言っておくと、その製品とはあなただ。ユーザーの関心こそが、Googleが広告主に販売しているものである。

「Google Drive」の「Open with」機能を使えば、自分のデータを古いデスクトップアプリにとどめておく必要はない。Google Driveのローンチパートナーの「Pixlr」が表示されている。 「Google Drive」の「Open with」機能を使えば、自分のデータを古いデスクトップアプリにとどめておく必要はない。Google Driveのローンチパートナーの「Pixlr」が表示されている。
提供:Screenshot by Ed Rhee/CNET

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集