logo

レノボ史上最小のデスクトップPC--手のひらサイズの「ThinkCentre」

坂本純子 (編集部)2012年04月09日 18時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レノボ・ジャパンは4月9日、レノボ史上最小手のひらサイズの法人向けデスクトップPC「ThinkCentre M92p/M92 Tiny」と「ThinkCentre M72e Tiny」を発表した。


筐体の一辺がゴルフボール約4個分の「Tiny」

 これらは新しいコンセプトの製品で、筐体の一辺がゴルフボール約4個分という。筐体は1リットルの手のひらサイズと小さいながらも第3世代インテル Core プロセッサ・ファミリーを搭載。デスクトップPCに求められるパフォーマンスを実現したとしている。

 モニタの裏側やアームなどに取り付けられるほか、キオスク端末や電子黒板、各種検査機器などへの組み込み系PCとしての利用も目指す。カスタマイズにより、フラッシュ・メモリを搭載してシンクライアント系の各種ソリューションにも対応できるという。

 このほかにもオールインワンタイプの「ThinkCentre M92z All-In-One」と、世界初マイクロソフトの「Microsoft Lync」に対応したVoIPモニタ「ThinkVision LT2323z」を発表。

 ThinkCentre M92z All-In-Oneは、IPS LEDパネル採用の23型モデルとLEDパネル採用の20型の2機種がラインアップする。なお、今回発表された製品の仕様や価格、発売日などの詳細については、6月上旬に発表するとしている。


オールインワンタイプの「ThinkCentre M92z All-In-One」

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]