logo

NVIDIA、アップル「A5X」のグラフィックス性能比較グラフに異議

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 福岡洋一2012年03月09日 11時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは最新版「iPad」を発表するにあたって、NVIDIAの「Tegra 3」に直接狙いを定めた。「新しいiPad」に搭載されている「A5X」について、NVIDIAの一連の新たなスーパーフォン向けプロセッサであるTegra 3の4倍のグラフィックス性能を持つとするグラフを披露したのだが、問題はベンチマークや補足説明を一切提供しなかったことだ。

 Intel対Advanced Micro Devices(AMD)のベンチマーク戦争を見慣れている人なら、どんなグラフにも抗うつ剤のCMより多くの補足説明が付くことを知っている。だからAppleのグラフは不完全に見えたのだ。NVIDIAは、一般の人たちと同じようにライブブログ(米CNET、gdgtEngadgetTechmeme)を通じてiPadに関するAppleの主張を聞いていた。

 NVIDIAの広報を担当するKen Brown氏は、Appleに名前を挙げられたのは「もちろん光栄なこと」だが、性能に関する主張はもっとデータを提供しなければ不完全だとして、次のように述べた。「当社ではベンチマーク情報を持っていない。われわれは、使用されたアプリケーションが何だったのか把握する必要がある。単独で使ったのか、それともさまざまなアプリケーションを使ったのか?どのドライバを使用したのか?ベンチマークを詳しく知るには非常に多くの問題がある」

 Appleがこれらのベンチマークを提供するかといえば、その可能性は低い。だがNVIDIAは、米国時間3月16日に発売される予定の新しいiPadを入手して、タブレット端末同士の比較を行う計画だ。Brown氏は次のように述べている。「実際の性能についてはいずれ、今よりはっきりするだろう。現時点で、Appleはごく大まかな主張をしているにすぎない」

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集