logo

dynabookやREGZA PCなど4機種14モデル--東芝、PC春モデル発表

エースラッシュ2012年01月24日 12時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は1月23日、2012年春モデルの新商品として軽量ボディにDVDスーパーマルチドライブを搭載した13.3型ワイド液晶ノートPC「dynabook R731」など4機種14モデルを1月27日から順次発売すると発表した。

 dynabook R731は、約1.29kgのマグネシウム合金の軽量ボディに13.3型ワイド液晶やDVDスーパーマルチドライブを備えたスリムコンパクトノートPC。最上位機種である「R731/39E」の主なスペックはCore i7-2640M vPro(2.80GHz)、8Gバイトメモリ、128GバイトのSSD、WiMAX通信モジュール、約130万画素のウェブカメラ、Windows 7 Professional 32/64ビット版セレクタブルOSとなっている。駆動時間は約13時間。ラインアップと市場想定価格は「R731/39E」が20万円前後、「R731/38E」が18万円前後、「R731/37E」が16万円台半ば、「R731/36E」が15万円前後。

 ハイスタンダードAVノートPC「dynabook Qosmio T751」は15.6型ワイド液晶や1TバイトのHDDを搭載。天板にはナノ積層技術がベースの樹脂フィルムが施された加飾技術を採用。深みのある色合いと鏡面のような光沢感に加え、防指紋コーティングにより汚れに対する耐性も強化している。「T751/T8E」の主なスペックは、Core i7-2670QM(2.20GHz)、8Gバイトメモリ、1TバイトのHDD、BDXL対応のBDドライブ、地上/BS/110度CSデジタルTVチューナ2基、Windows 7 Home Premium 64ビット版など。カラーはシャイニーオーシャンとオーロラホワイトの2種類で、市場想定価格は19万円台半ば。

写真 REGZA PC D711(黒)

 デスクトップPC「REGZA PC D711」は地上デジタルTVチューナを搭載した21.5型ワイド液晶一体型。「D711/T3E」の主なスペックはCeleron B815(1.60GHz)、4Gバイトメモリ、750GバイトのHDD、オンキヨー製ステレオスピーカー、Windows 7 Home Premium 64ビット版など。市場想定価格は12万円前後となっている。

 スタンダードAVノートPC「dynabook Qosmio T551」は地上デジタルTVチューナやBDドライブ、15.6型ワイド液晶を搭載している。「T551/T4E」の主なスペックはCeleron B815(1.60GHz)、4Gバイトメモリ、640GバイトのHDD、約130万画素のウェブカメラ、Windows 7 Home Premium 64ビット版など。市場想定価格は14万円前後となっている。

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

-PR-企画特集