logo

グーグルとモジラ、「Firefox」の検索契約を更新

Paul Sloan (CNET News) 翻訳校正: 編集部2011年12月21日 07時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Firefoxを開発するMozillaは米国時間12月20日、Googleとの新しい3年間の契約を締結したと発表した。この契約により、Googleは引き続き、Firefoxにおけるデフォルトの検索エンジンとなる。

 この契約の金銭的な条件は公表されていないが、Googleと新しい契約を結ぶことが、Mozillaにとって必須であるとみなされていた。

 シリコンバレーの非営利ソフトウェアメーカーで、ウェブのオープン性を推進するMozillaは最近、2010年におけるMozillaの売上高である1億2000万ドルの大部分がGoogleによるものだったと発表した。2010年の売上高は、2009年よりも18%増加した。

 MozillaとGoogleの間で最後に契約が締結されたのは2008年で、この契約は2011年11月に期限を迎えていた。

 Googleのサポートを受けていることから「Googlefox」と呼ばれていたこともあるFirefoxは現在、Google独自のブラウザである「Chrome」と競合している。しかし、Chromeの包括的な目標は、ウェブを高速化し、アプリケーションの基盤としてそれを強化することであり、他のブラウザをインターネットから締め出すことではない。

 Mozillaはリスクを分散させてもいる。Mozillaは2011年に入り、Microsoftの「Bing」を「Firefox 4」の検索エンジンオプションとして導入した。また10月には、Bingをデフォルトの検索エンジンとするFirefoxのバージョンをリリースしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集