logo

アドビの「Flash」、「Ice Cream Sandwich」への対応は年内に

Don Reisinger (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 高橋朋子2011年11月22日 10時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Flash Player」は「Android」端末に欠かせないものだが、最新OS「Android 4.0」(開発コード名「Ice Cream Sandwich」)への搭載はまだ少し先になりそうだ。

 米国時間11月19日付けのSlashgearの記事によると、GoogleはIce Cream SandwichにFlashをプリインストールせず、Android Marketでも提供しないと述べたという。これは、Adobe SystemsがいまだFlashを最新OSで正常に機能させるための作業を終えていないためだと、Googleは記事の中で説明している。

 Android Marketのリストを見ると、現在AdobeのFlash Playerが対応しているのはAndroid のバージョン2.2から3.2までだ。

 しかし、長くは待たずにすむだろう。Pocket-lintが現地時間11月21日に報じたところによると、AdobeはIce Cream Sandwichに対応したFlashが2011年末には登場すると述べたという。ただし、Android OSへのFlash搭載はそれが最後になるとしている。

 Ice Cream SandwichはGoogleが手がけるAndroidプラットフォームの最新版だ。最新版はデザインを刷新し、多くの改善点を盛り込んでいる。まず「Galaxy Nexus」の搭載OSとして登場し、その後、他の多くのスマートフォンに搭載となる予定だ。

 米CNETでは、FlashがいつIce Cream Sandwichに対応するのか、AdobeとGoogleにコメントを求めたが、両社からの回答は得られなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集