logo

「Google+ for Android」がアップデート--投稿の「再共有」が可能に

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 福岡洋一2011年08月26日 10時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleのソーシャルネットワーク「Google+」を利用する上で筆者がまず欲しいと思っていた「Android」アプリケーションの機能の1つは、投稿メッセージを他のユーザーと再共有できるオプションだ。Googleは米国時間8月25日、この機能を実装した。

 これを求めていたのは筆者だけではない。再共有は、モバイル端末上でGoogle+を利用する際に最も要望の多い機能だった。

 Googleでモバイル製品担当マネージャーを務めるBen Eidelson氏は「YouTube」に投稿した動画の中で、「Android向けGoogle+アプリケーションのアップデートには、最もリクエストの多かったモバイル機能を盛り込んでいる。それは投稿メッセージの再共有だ」と述べた。この機能は「Google+ for Android 1.0.6」に含まれている。

 再共有のオプションを利用するには、まず投稿メッセージをタップしてから、右上にある3つのドットをタップして実行可能な操作項目を表示させる。「Share」(共有)オプションを選択すると、投稿メッセージを一般に公開するか、あるいは「サークル」を指定して限定公開できる。

 この機能は、モバイル端末上での操作を大いに改善することになる。電子メールの転送や「Twitter」に投稿されたメッセージのリツイートといった操作は、メッセージを最初から作成するよりはるかに簡単で、便利なことが多い。

 もちろん、この機能はAndroidアプリケーションに限定されるものではない。

 GoogleでGoogle+関連のゲームやモバイルを担当するリード製品マネージャーのPunit Soni氏はGoogle+への投稿で、「ご心配なく。『iOS』やウェブアプリケーションのユーザーも、まもなく再共有の機能を使えるようになる!」と付け加えた。

 今回のアップデートでは新しいサークルを作成することも可能になったと、Googleはリリースノートの中で述べている。以下にEidelson氏の動画を掲げておく。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集