logo

病と闘い続けたジョブズとアップルCEO後任クックの手腕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ついにその日が来た。Steve Jobs氏がAppleの最高経営責任者(CEO)を辞任することになった。米国時間8月24日に発表された声明によると、後任は同社最高執行責任者(COO)のTim Cook氏で、Jobs氏は会長に選任されるという。

 iPodやiPhone、iPadなどが躍進した半面で、2004年8月のガン手術以降、肝臓移植、1年間に2度の休職など、Steve Jobs氏の健康と後継者問題が絶えず話題となってきた。

◇スティーブ・ジョブズがアップルCEOを辞任
アップルのS・ジョブズ氏、CEOを辞任--後任はCOOクック氏
CEO辞任のジョブズ氏、自らメッセージ--「残念ながら、その日が来てしまった」

◇さまざまな反応・見方
ジョブズ氏の功績は?アップルの行く末は?
ジョブズ氏CEO辞任とアップルファンの反応
ジョブズ氏辞任に対するアナリストらの反応は?
T・クック氏:「アップルはこれからも変わらない」--社員へメール
S・ウォズニアック氏、Jobs氏辞任を語る--「最も偉大な技術リーダー」

◇後継者問題
スティーブ・ジョブズとは
アップルが年次株主総会を開催--CEO後継計画の開示提案を否決
アップル後継者計画の開示要求、投資コンサルティング会社ISSも支持
アップルCEO後継計画の開示に難色
ジョブズCEO、iPhoneと引退後について語る
SEC、アップルの情報開示手法を問題視か--ジョブズ氏の健康に関する情報提供を調査
ジョブズ、孫正義--カリスマを継ぐ難しさとは

◇2011年1月の休職
ジョブズ氏の病気療養--再燃する後継者問題とクック氏の手腕
医療休暇に入るジョブズ氏の代役は今回もCOOに
アップルCEOジョブズ氏、再び医療休暇へ
ウォズニアック氏、ジョブズ氏の休職についてコメント

◇2009年1月~6月の休職
ジョブズ氏をどう評価する?
アップルのジョブズ氏、病気治療で休暇へ--会社運営はCOOクック氏が担当
公になったジョブズ氏の健康問題--アップルが直面する対応策の転換
ジョブズ氏、自身の健康問題について語る
ジョブズ氏、休養中も重要業務には関与
アップルの年次株主総会--療養休暇中のジョブズ氏への質問などに応対
療養休暇中のジョブズ氏、年次株主総会も初めて欠席へ
アップルがリーダー不在を乗り切る可能性--2004年8月を振り返る
アップルのジョブズ氏、肝臓移植を検討
ジョブズ氏の肝臓移植手術、病院側が正式に認める
ジョブズ氏が療養休暇--この間、誰が同社を率いるの?
ジョブズ氏、正式に業務復帰

◇2004年8月の手術
スティーブ・ジョブズ、完全復職へ--ガン手術は無事成功
スティーブ・ジョブズ、ガンの摘出手術--来月復帰の見込み

◇ティム・クック氏の考え
ジョブズ氏の後任、ティム・クック氏の業績をたどる
ティム・クックとは
アップルにみる自社製品の競合--共食い容認姿勢と市場破壊
ジョブズ氏代行クック氏が示す自信
アップルのCOO、ジョブズ氏不在中の代役でボーナス500万ドル
アップルは消費者志向のモバイルデバイス企業--COOクック氏が語る方向性

-PR-企画特集