お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

スティーブ・ジョブズ、完全復職へ--ガン手術は無事成功

2004/09/09 11:03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 7月下旬に膵(すい)臓ガンの摘出手術を受けたApple Computerの最高経営責任者(CEO)Steve Jobs(49歳)は、その後順調に体力が回復しており、今月中にも完全復職する見通しとなった。

 Appleの広報担当Katie Cottonによると、Jobsのガン摘出手術は成功し、同氏は今、複数の社内会議に出席しているという。また同氏は、今月中にも完全復帰する見込みだ。

 Jobsは、手術後に従業員に宛てた電子メールの中で、今回発見されたガンはめずらしい種類のものであり、通常の膵臓ガンと比べてはるかに治りやすいものだと述べていた。

 手術を受けた時点でJobsは9月に復職する予定だと述べていたが、今回の発表により、同氏の体調が順調に回復していることが伺える。

 Jobsの不在中は、販売/業務/Macintosh部門を統括するエグゼクティブバイスプレジデントのTim Cookが日常業務の責任者を代行していた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社