logo

WWDC 2011開幕--ジョブズ氏基調講演を時間にそってお届け - (page 2)

Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: 編集部2011年06月07日 01時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10:31:10番目の機能はMail。2および3カラムビューを説明。お気に入りメニューの表示など、ウェブブラウザの機能を搭載。

10:32:新しいConversationビュー。同様のメッセージをグループ化し、会話の流れで見ることができる。

10:33:Federighi氏がMailをデモ。

10:35:次にConversationビューをデモ。

10:36:Schiller氏がLionのそのほかの機能を総括。Windowsユーザー向けの新しい移行ツール。Safariのリーディングリスト、プッシュ通知。開発者はアプリケーション開発に3000の新しいAPIを使用可能。

10:36:LionはMac App Storeでのみの提供となる、とSchiller氏。

10:37:これまでで最も簡単なアップデートになる。サイズは4Gバイト。

10:38:価格は29ドル。最新の開発者向けプレビューは本日より提供開始。一般発売は7月。

10:39:次の話題はiOS 5。iOSソフトウェア担当シニアバイスプレジデントのScott Forstall氏が登壇。

10:39:iOSの最新情報。2億台のiOS端末が現在までに販売された。

10:39:モバイルオペレーティングシステムでは44%以上の市場シェアを握り、首位を走っている。この数字は、comScoreが実施した4月の調査による。

10:40:iPad 2について、最初の14カ月で2500万台のiPadが販売された。

10:40:iPadで全く新しいカテゴリを作り出したとForstall氏。

10:40:iTunesミュージックストアで150億曲以上が販売された。

10:41:音楽界ではナンバー1の小売店となった。iBooksについては、立ち上げから1年未満で1億300万冊以上の書籍がダウンロードされた。

10:41:App Storeについて。現在、42万5000以上のアプリケーションが提供されている。

10:42:そのうち9万がiPad専用。3年未満のうちに、App Storeで140億以上ダウンロードされた。AppleはApp Storeを通じて開発者に25億ドル以上を支払った。

10:43:Forstall氏はHBO Go、Tiny Wingsなどいくつかの注目のアプリケーションを紹介。

10:43:2億2500万のアカウントがクレジットカードと1クリック購入を登録している。

10:44:iOS 5について。メジャーリリースであるとForstall氏。1500の新しいAPIが開発者に提供される。

10:44:ユーザーには200以上の新機能が提供される。

10:44:今回はそのうちの10の機能を紹介する。1番目の機能は通知。

10:45:Forstall氏はまず、ウィンドウのポップアップ、バッジアイコン、サウンドなど従来のシステムをおさらい。Appleは1000億以上のプッシュ通知を提供したという。

10:45:顧客はより良いUIを求めていた。そこで既存の問題を解決する方法を構築した。現在の問題としては、例えば、ユーザーの気を散らす。また、ロック画面でも通知のリストを受け取ることができるが、後にそのリストを確認できない。

10:46:Forstall氏は新しいシステムがこれを解決すると述べる。Notification Centerと呼ばれる単一の場所ですべての通知をまとめることが可能になる。どこからでも、画面の下方向に指を払えば利用できる。

10:46:株価と天気が最上部に表示されるため、こうしたアプリを開く必要はなくなる。

10:47:ロック画面でテキストメッセージ、留守番通知、アプリケーションアップデートなどが提供される。該当のアプリケーションで指をスライドすると、そのアプリケーションに移ることができる。

10:47:これら機能のデモを開始。

10:49:2番目の機能はNewsstand。サブスクリプションで雑誌を入手可能になる。

10:50:App StoreやiTunesに似ている。アプリケーションは開くとホーム画面のフォルダのようになっている。商品を購入すると、新しい号がバッググラウンドで配信される。ユーザーは手動で手に入れる必要はない。

10:51:3番目の機能はTwitter。

10:51:Forstall氏は、10億以上のツイートが毎週やりとりされていると述べる。顧客はTwitterが非常に好きで、Twitterはサービスをより簡単なものにしたがっている。Twitterのシングルサインオンを提供することで、ユーザーはiOSの設定に個人情報を入力できる。

10:52:Twitterをカメラと写真に統合した。カメラと写真アプリからTwitterに投稿できる。

10:52:この機能は小さなポップアップメニューとして表示される。YouTube、Safari、Mapsでも機能する。

10:53:連絡先とも統合。ユーザーのTwitterアカウントから写真を取得できる。

10:53:ユーザーのTwitterの写真がアップデートされると、iPhone上でもアップデートされる。

10:54:4番目はSafariに対するリーダー機能の搭載。RSSライクのビューで閲覧可能になる。

10:54:Safari内から記事全体のコンテンツを電子メールで送ることができる。これまでは、リンクをメールで送るか、面倒なコピーアンドペーストをする必要があった。

10:55:次はReading List。後で読むための記事をブックマークできる。

10:55:このリストはコンピュータと同期される。

10:55:そのほかの機能。iPadでのタブブラウジング。

10:56:Forstall氏がiPadを使ったデモを開始。タブ間の切り替えは非常に早い。

10:58:Forstall 氏がiPadのSafari上で稼働するTwitterをデモ。

10:58:新しいiOS機能のRemindersを紹介。

10:59:Remindersアプリケーションは、各イベントの日付を含め複数のリストを保存しておくことができる。位置情報を割り当てることも可能。例えば、「この集会から離れたら妻に連絡するよう通知」と設定すると、そのエリアの外に出たときにリマインダーが送信される。

10:59:RemindersはCalDAVを使い、MacのiCalと同期する。MS Exchangeを使ってWindowsとの同期も可能。

11:00:新iOS機能:カメラアプリ。

11:00:Forstall氏、iPhone 4がFlickrでいかに頻繁に使われるようになったかを語る。全体で最も人気のカメラとなっている。

11:00:ロック画面の写真撮影用ショートカット。

11:00:端末をロック解除してカメラアプリを見つける必要はもうなくなる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]