logo

「iOS」、モバイル広告ネットワークでシェア拡大--ベライゾン版「iPhone」が後押し

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2011年04月15日 12時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Millennial Mediaは米国時間4月14日、最新の「MobileMix」レポートを発表した。このレポートによると、同社の広告ネットワークにおける3月の広告インプレッション数のシェアは、Googleの「Android」が引き続き第1位だったが、Appleの「iOS」が2月から11%上昇し31%を占めた。

 第3位のResearch In Motion(RIM)もシェアを29%伸ばし、広告インプレッション数の18%を占めた。Millennial Mediaは、この増加はRIMの「BlackBerry Torch」の人気によるものだとしている。Nokiaの「Symbian」とMicrosoftの「Windows Phone」は横ばいで、それぞれ1%のシェアだった。

 ハードウェアメーカー別では、Verizon版「iPhone」の成長により、Appleが広告インプレッション数の32%を占めて首位の座を維持した。iPhone、「iPad」「iPod touch」をあわせたシェアは2月から14%増えたが、iPhoneだけを見ると17%増加している。

 第2位はサムスンで、シェアは15.2%だった。同社製端末はMillennial Mediaの機種別上位20位の中に、4機種がランク入りしている。HTCは第3位でシェア10.69%、RIMが10.62%で第4位と続いた。

picture 提供:Millennial Media

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集