logo

フォトレポート:分解、新型「Mac mini」--アルミユニボディの内側

文:Bill Detwiler(TechRepublic) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年07月26日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Appleは2010年6月、再設計された「Mac mini」を発売した。この新モデル(A1347)では、光沢のあるユニボディ筐体やユーザーによるアクセスが可能なRAM、HDMI出力端子、SDカードスロットなど、いくつかの機能強化が施されている。

 Mac miniの分解には、T6とT8のトルクスビットおよび2.0mmのヘックスビットとそれらを装着できるドライバ、プラスチック製または金属製のSpudger(へら状の工具)、円筒形シャフト付きの小型ねじ回し2本が必要だ。

 Appleは2010年6月、再設計された「Mac mini」を発売した。この新モデル(A1347)では、光沢のあるユニボディ筐体やユーザーによるアクセスが可能なRAM、HDMI出力端子、SDカードスロットなど、いくつかの機能強化が施されている。

 Mac miniの分解には、T6とT8のトルクスビットおよび2.0mmのヘックスビットとそれらを装着できるドライバ、プラスチック製または金属製のSpudger(へら状の工具)、円筒形シャフト付きの小型ねじ回し2本が必要だ。

提供:Bill Detwiler / TechRepublic

 Appleは2010年6月、再設計された「Mac mini」を発売した。この新モデル(A1347)では、光沢のあるユニボディ筐体やユーザーによるアクセスが可能なRAM、HDMI出力端子、SDカードスロットなど、いくつかの機能強化が施されている。  Mac miniの分解には、T6とT8のトルクスビットおよび2.0mmのヘックスビットとそれらを装着できるドライバ、プラスチック製または金属製のSpudger(へら状の工具)、円筒形シャフト付きの小型ねじ回し2本が必要だ。

-PR-企画特集