logo

「iPad」関連のうわさを答え合わせ--予想の的中率は? - (page 4)

文:Josh Lowensohn(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年02月05日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うわさ:AT&TはiPhoneの独占販売契約を失うだろう(HotHardwareによる)。
結果:これはまだ実現していない。それどころか、AT&TはAppleからさらなる好意を受け、iPadでそのまま利用可能な唯一の3G接続プロバイダーとなった。もっとも、それは、Appleが海外市場向けのプランを発表する6月までのことだ。

AT&Tの新しい広報担当者Luke Wilson氏。 AT&Tの新しい広報担当者Luke Wilson氏。
提供:AT&T

 ところで、3G機能付きiPadはロックされずに販売される。つまり、特別な契約締結やアクティベーションを行わなくても機能する。唯一の注意事項は、iPadが標準サイズのSIM技術ではなくmicro-SIM技術を採用していることだ。これが意味することは、ユーザーが自分の携帯電話からSIMカードを抜いてiPadに差し込むことができないということだ。おそらく、Appleは意図的にこうしたのだろう。

結論

 ここで紹介したうわさは、もちろんAppleのタブレット発表前に流れたものをすべて集めたわけではないが、大半が結局は正しかった(ほかのうわさについては、GizmodoMac RumorsArs TechnicaEngadgetを参照してほしい)。

 間違っていたうわさの多くは、あまりに話が良すぎるアイデアを憶測したり祈ったりしていたところからのものだった。これには、iPadには2つのビデオカメラが内蔵されるといううわさや、10インチのOLEDディスプレイについてのDIGITIMESの記事が含まれる。いずれも、Appleファンには歓迎されるだろうが、価格も跳ね上がるだろう。

 Appleに関するこれまでのうわさと同様に、27日のiPad発表イベントで実現しなかったうわさで、将来的にiPadや、そのほかのApple製品で表に現れるものもあるかもしれない。そして、過去8年間のAppleの新製品発表が何らかの指標になるのなら、早ければ2011年にも、その未知のデバイスが登場するかもしれない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]