logo

フォトレポート:超高解像度でとらえた「青い火星」 - 9/16

文:Jonathan Skillings(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年09月14日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 NASAは「SHARADの興味深い機能」としているが、「不気味なくらいだ」と言う人もいるかもしれない。

 ところで、SHARADとは「shallow subsurface radar(浅部地表下レーダー)」の略だ。HiRISE カメラとともにMars Reconnaissance Orbiterに搭載されている6つの科学機器の1つであり、15〜25 MHzの周波数帯のレーダー波を最大1kmまで火星の地殻に浸透させ、液状または凍った水を探索する。SHARADの画像がなぜHiRISEの画像に含まれているかは分からないが、ともかくこの画像は気に入っている。

 NASAは「SHARADの興味深い機能」としているが、「不気味なくらいだ」と言う人もいるかもしれない。

 ところで、SHARADとは「shallow subsurface radar(浅部地表下レーダー)」の略だ。HiRISE カメラとともにMars Reconnaissance Orbiterに搭載されている6つの科学機器の1つであり、15〜25 MHzの周波数帯のレーダー波を最大1kmまで火星の地殻に浸透させ、液状または凍った水を探索する。SHARADの画像がなぜHiRISEの画像に含まれているかは分からないが、ともかくこの画像は気に入っている。

提供:NASA/JPL/University of Arizona

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]