logo

フォトレポート:超高解像度でとらえた「青い火星」 - 4/16

文:Jonathan Skillings(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年09月14日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 NASAは、この画像の地域には水和物を豊富に含んでいる可能性があると説明する。HiRISEカメラが搭載されている軌道船の高度は火星表面から125〜250マイル(約200〜400km)だが、このカメラは1mほどの細部まで写し出すことができる。HiRISEは人間の目と同じく可視光線を処理するが、鉱物群を探査するために近赤外波長でも動作する。

 NASAは、この画像の地域には水和物を豊富に含んでいる可能性があると説明する。HiRISEカメラが搭載されている軌道船の高度は火星表面から125〜250マイル(約200〜400km)だが、このカメラは1mほどの細部まで写し出すことができる。HiRISEは人間の目と同じく可視光線を処理するが、鉱物群を探査するために近赤外波長でも動作する。

提供:NASA/JPL/University of Arizona

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]