logo

フォトレポート:超高解像度でとらえた「青い火星」 - 2/16

文:Jonathan Skillings(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年09月14日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 火星は赤い惑星と思われているかもしれないが、HiRISEの画像は青を基調としたものが多い。NASAはこの画像に「太古の湖と推定」という表題を付けている。かつて火星上には液体の水があったという説を示唆する題名だ。

 Mars Reconnaissance Orbiterは2006年初めから、その名が示す通り火星を周回している。同探査機から最初の高解像度画像が送られてきたのは、2006年の3月だった。

 火星は赤い惑星と思われているかもしれないが、HiRISEの画像は青を基調としたものが多い。NASAはこの画像に「太古の湖と推定」という表題を付けている。かつて火星上には液体の水があったという説を示唆する題名だ。

 Mars Reconnaissance Orbiterは2006年初めから、その名が示す通り火星を周回している。同探査機から最初の高解像度画像が送られてきたのは、2006年の3月だった。

提供:NASA/JPL/University of Arizona

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]